株式会社 中定樹脂

農業資材販売

育苗箱

弊社では創業当時より近隣の農家様へ向けて農業資材の販売を行ってまいりました。それが今では有難いことに繋がりから、全国各地へと販路を広げてさせて頂いております。


育苗箱とはその名の通り米や野菜の苗を育てるプラスチックの箱のことです。

一般的に稚苗用は水稲に、中苗用を野菜に使用されます。
その他にも、農家様によっては様々な使い方があるそうです。

稚苗用と中苗用の2種類あり、カラーは主にブラックですが
ブルー、グリーン、ピンクの3色で生産実績があります。
ブラックと違い、ナチュラル色からの着色となりますので、単価は上がりますが、ご希望のカラーにて受注生産することも可能です。



:稚苗用

重ね用の溝が便利。ただ穴が少なく水はけも悪いことから、野菜の育苗にはあまり活用できません。育苗の初期段階である稚苗を育てる際に使用するのがおすすめです。

*サイズ 材質PPにつき、mm単位での寸法のズレが生じる可能性があります)
内寸cm(横 58 縦 28 高さ 3.2)外寸(横 60.5 縦 30.4 高さ 3.8)

:中苗用

1枚あたりの穴数が2000個以上あるため、通気性が良いのが特徴です。また底面に凹凸がないため、病気発生の原因にもなる、かん水の滞留が少ないのもメリットです。積み重ね使用も可能。

*サイズ(材質PPにつき、mm単位での寸法のズレが生じる可能性があります)
内寸cm(横 58 縦 28 高さ 2.8)外寸(横 60.5 縦 30.4 高さ 3.3)

中苗用
稚苗用
カラー各種

★使用上のご注意

弊社の製品は「丈夫で長持ち」するとご好評頂いており、10年以上も使い続けられる方も沢山おられます。使用上の頻度にもよりますが、そこは樹脂材料加工業として、しっかり材料選定しておりますので、安定して長くお使いいただけます。

弊社の育苗箱は安価にてご提供するために、再生原料にて製造しております。
その為に、時には下記のような事が生じる可能性がございます。

・穴が完全に空いてなかったりする場合がある。
・多少のそり、歪みがある。

また、原料のポリプロピレンは、製品になってからも3〜4年は縮み続けるため、古いものとは寸法に違いが生じてきます。これは避けられない事ですので、ご了承ください。
その他にも、バージン材料使用品と比べて、製造後の保管状況や気候の影響などによっては、製造時にはなかった事象が生じる場合がございます。
大変申し訳ありませんが、以上のような事が生じた場合、育苗作業や苗の生育に著しい悪影響を与える場合以外は、製品の御取り替えはご容赦願います。それらを踏まえて一度サンプルをお送り致しますので、実際にご確認していただけます。

すべては、お客様に非常に安価でご提供するための再生原料使用です。
ご理解いただけると幸いです。

お問い合わせ

(株)中定樹脂
〒614-8175
京都府八幡市上津屋石の塔80
*求人募集中 担当 林まで

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP